畑に片足つっこんで!
とにかく、歩いていると(^◇^)なんだか色々、乗り越えられますね~♪
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

カラシニコフ・・

今朝お弁当を作っていると、




TVから、




「今日はカラシニコフの説明をしたいと思います」




と聞こえてきました。






その口調から、




『 TVショッピングか 』と、聞き流しながら、




ふと、







・・・カラシニコフ・・・ 



(カラシ菜じゃない)









鉄砲(?)ジャン!(( ̄  ̄;)) 


















「カラシニコフが特に優れているのは・・




戦場で銃に土などがはいっても・・・




正確に発砲でき・・・




組み立ても簡単で・・一丁が3万円ほど・・」












延々と流れる説明を




台所で聞きながら、





やっぱり、





『 これは、TVショッピング調だ・・ 』と不安に。













こんなふうに、テレビショッピングで





本当に、銃が売られている国





・・・あるんじゃないの~??!





アルアルアルアル・・






どうしよう・・・(( ̄  ̄;))




と、いまさらに、慄然。。












もちろん、この番組は、ニュース番組で、




冷戦後もカラシニコフを




ロシアがいかに優良輸出品として珍重し




規制しないからテロに使われる、




また、権利を売って、




北朝鮮や中国でも生産されている・・




というような展開に、流れは




なっていくんですが~・・。













「その性能は・・・、」




などというところだけ聞いていると、




自動車も武器も、農機具も、掃除機も、




み~~んな、一緒。商品。




ひとくくりに考えている国のほうが、




世界には多いんだろうな~って、感じました。









以前、なにかで、某アジア国の村民さん、




朝は畑仕事、




お昼からは(バイトで)銃に持ち替え




夜は家族団らんっていうのを




本で読んだような・・











「カラシニコフは性能がいい♪」




とTV画面で観る、銃を片手の




軍隊のみなさんのにこやかなお顔が、






お父さんが、





「このカメラは性能がいい♪」




っていう時のお顔と、なんだか、




同じ輝きなんですよね~・・(= =;)










世界武器見本市(?)みたいなのに出ていた




カラシニコフ製作者(元ソ連軍?)の




カラシニコフさん、曰く、





「私は祖国のために(割安有能な製品)




カラシニコフを考案しました。




しかし、今はテロに使われている、




悲しいことです。




しかし、製品を如何使うかは




使う側の責任です。製作側じゃない。」








と、にこやかに答えておられました。。。 












戦争もテロも、人殺し行為であると




ティーは思うんですが、




徴兵制軍隊のある国の考え方って・・・、




「全然別物」なのですね~・・。




宗教も絡んでくると、さらに・・・。 






「自国権利のための戦争は聖戦!




すなわち、命をかけて




国のために敵と戦うわれらは『英雄!』」






みたいな…




英雄崇拝気風・・?






そのあたりが、




戦前日本もそうだったらしい?のですが、




ティー世代にとっては、感覚的に・・










今の日本国民全体の考え方って、




どうなんでしょう??













20071009123226.jpg



(日本って、カラシニコフの前の鴨状態?)




スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2007/10/12 21:01】 | 命を取り巻く環境 | コメント(18)

rBSTと有機牛乳(2)

何で牛乳が余ったか?





昨年の今頃、





盛んに議論されておりました。













ま~、3月末は学校が春休みになり





給食がとまるということはあるとして、







・牛乳は太るというイメージが強く敬遠された。





・ほかにも飲み物が多種販売されている。





・乳製品市場が輸入物に大きく押された。





・牛乳生産過程事態への不信感が流れた。





(飼育方法・餌等からの残留薬品の心配)













また、乳牛が乳を出すためには、





子牛を生む必要があり、





雌ならば乳牛へ。






雄ならば肉牛へとなるが、






アメリカ牛の輸入禁止などで






国内産牛の牛肉消費量が増えれば






当然、子牛を生む乳牛も増えるわけで





牛乳の生産量も上がります。














すみません。時間が。





次回へ、続きます。
 












ランキングに参加しています


      ↓          ↓ 



野菜作りランキングへ 環境問題・保護ランキングへ



  いつもポチッ!と元気くださって♪ありがとうございます♪

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2007/03/25 14:53】 | 命を取り巻く環境 | コメント(44)

rBSTと有機牛乳(1)


・・・やっぱ、こっちも書かなきゃ・・・






不公平?(^ ^;)






あんまり触れたくは・・






ないんですけれど~・・・苦笑。 
















ほった老人さん】からのお題、







>『RBST』









(アップ用時間が切れてしまったら





次の機会に続きます。ごめんなさい。)















rBSTとは、1980年代前半に






USAで遺伝子組み換えにより






開発された成長ホルモンで、






牛に注射すると、通常の






約4倍量の乳が出るといわれています。






そのため乳牛の乳房は肥大するそうです。
















人体に悪影響は無いと言われて(?)






USA、ロシア、韓国をはじめ、






世界20カ国で使用されています。









(もちろん、その乳製品は、






日本に輸入されています。






日本では輸入チーズなどの消費が、






近年、大きく伸びています。)

















しかし、日本では今のところ、







当局に使用許可申請は無いということで、







rBSTを乳牛に投与することは、







認可されていないことになっています。








ですから、検査も、







基準値の規定もありません。
















さらに、いま、食の安全を考えた







オーガニック(有機)製品の需要が







世界的に富裕層を中心に伸び始め、







ドイツでは08年には食品市場の25%が







有機食品に達するらしく、お隣中国でも







「有機牛乳」が3月に発売されました。






(250ミリリットル入り牛乳1本7元)


















日本でも農林水産省の「有機認可」に






牛乳も登録を許可され






北海道などから「有機牛乳」






(一本400円ほどらしい)






が販売され始めています。














(「有機」の規程は国によって違いますが)







※日本で言う有機牛乳とは、






2006.3.1以降、






登録認定機関(第3者検査機関)により、






有機JAS認定を受けた牛乳のことです。 








jas-yuuki.gif






認定マーク













ええっと、時間切れです。ここまでで。




        
         (^ ^;)







・・・・次回へ、続きます。













ランキングに参加しています


      ↓          ↓ 



野菜作りランキングへ 環境問題・保護ランキングへ



  いつもポチッ!と元気くださって♪ありがとうございます♪







テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2007/03/25 02:33】 | 命を取り巻く環境 | コメント(6)
次のページ

いらっしゃいませ(^▽^)

エッセイ・ランキングへ
ごゆっくりどうぞvv
 24時間コメント大歓迎です♪

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

プロフィール

ティー(^ ^)

管理人:ティー(^ ^)
こんにちは。 ちょいちょい消えちゃう 幽霊管理人 ティーで~す。

ブログの画像等の無断転載・直リンクは禁止します 
  =2006.6.11 open=。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。