畑に片足つっこんで!
とにかく、歩いていると(^◇^)なんだか色々、乗り越えられますね~♪
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

除草剤と、放射能漏れ事故

いつもの菜園の入り口で、





足が止まってしまいました。





何か、変・・・?








(大きな写真)⇒  
除草剤と・・・・
















先の中国の震災の時にも





核施設被害がささやかれましたが





地震や災害などで、





思いがけずに有害物が





大気や水に流出する事故が起こったら





植物だけでなく全ての命が





こんな風になることも





あるのかもしれない・・と、





CIMG3943.jpg






しばらく目が





離せませんでした・・・。(= =;)






CIMG3942.jpg






そこらのお店で安全ですと



市販されている(除草)薬ですら、



こんな風に効果を見るとね~。。。



本当に、大地や人体に影響が無いのかどうか。。









いつも応援ありがとうございます♪

励みになっておりますvv(^ ^ )

スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2008/06/27 19:49】 | 農薬の害 | コメント(8)

枯葉剤被害者:べトさん、ご逝去・・

さきほど、




⇒『不思議と感動いっぱいの自然情報』




さえちゃん様





のブログへお邪魔して、初めて知りました。










野菜作りをはじめて、(= =;)




野菜を無農薬で作ることは難しいと、




すぐ骨身にしみ、





「なんで消毒せんのんや~?」




と、たくさんの皆さんにも助言され、




それでも、ティーが「道楽」で、




無農薬野菜づくりにこだわってきたのは、








「農薬(薬物)による、生れながらの害」









というものを、





ドクちゃんやべトちゃんの





来日映像を通して、





見てきたからかも、しれません。。。













大勢の、ベトさんの・・・ご冥福を、







お祈り申し上げます。













そして、自分にできることから




なにかを、これからも探して生きたい。




(= =)












戦争も、薬害も、





(誰かの何かの利益を得るために?)





起こしては、





いけないことですよね~。。









・・と、







ティーは思える「場所」に生まれてきたから・・






だから、





そこに生まれた命として、そのことを・・





考えなければいけない、と思います。。











起こったことは、収めるのが、





とてもとても難しくなって、





元通りにできないことのほうが多くて





悲しい。。。

















農薬だって、





(安全だと明記してあったとしても)





誰がそれを目で確認できるでしょう。





どこかで何かの成分が





土にしみこみ、水にしみこみ





地球にしみこんでいく。。。







食料危機が叫ばれている昨今





『作物を米を、確保しなければ』が、





よりおおくの、害を、





引き起こすことがない方向で





研究が進むことを、祈ります。

















考えていて一番怖いのが・・、






『人間が減ることが、最良のエコ・・・?』






という、







戦争や薬害による殺傷をも、






正当化する論理を「是」としない。






そういう社会であってほしい、






そういう自分であってほしい、と







・・願ってしまうことなのです。・・・(= =;)






















        ⇒ 関連ニュース









テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2007/10/07 23:52】 | 農薬の害 | コメント(12)

環境:奇形の小猿(4)

ところで、この現象を通して






POPs(有機塩酸系農薬)害等の






人体への被害を考えるにあたって






・・・・・ちょっとした疑問が、






沸いてまいりますよね~・・?














お猿が餌付けセンターで大量に






奇形出産被害を見せ始めた頃、






人間界にも、同じような現象が






起こっていたのでしょうか・・・?














猿の餌は概ね、輸入物もコミで、






一般市場で仕入れられたものでした。















もし人間界で、全出生の40%にもなる






流産および奇形出生があったとしたら、






社会全体を根底から揺るがせる






大問題になっていた事でしょう・・。








※ 日本のように、ある程度の報道の自由があるとすれば・・・。
















しかし、当時は、






そんなニュースにはなりませんでした。






なぜか?












猿と人間とでは生態成熟時間(寿命)が






違うので、たとえば、






猿が人間の餌付け後、3・4年に






発害を示したということは、






人間で言えば、摂取後蓄積25~30年で






発害が現れてくるということになります。



















猿の発害時期を単純に当てはめれば、






昭和50年代半ば以降から






人間にも出るということになります。


















※ところで、・・ガン死亡率は昭和56年から、







⇒ 日本の死因の一位になりました






そして、そのままず~~っと、






発病率をあげ続けております。






体内の残留農薬濃度害も、






その発病要因の






ひとつであるのかも、しれません・・・






(ー ー;)

















また、恐ろしいことに、






お猿さんの例を見るまでもなく、






私たちの体には症状が出なくても






生まれてくる子供の体の中に






毒素は濃く引き継がれていくと、






考えることが出来ます。






(ー ー;)




















障害をもっていたとしても






なんら変わることなく生きていける






そんな社会を作り上げることと、







人害の障害を、命の誕生時前に






背負わせないような、






そんな社会環境を作っていくこととは






どちらもこれから、






個別に性急に取り組んでいく






重大な社会課題だと、思います。






どちらも人間と自然界の未来のために






とても大切なことだと・・・。














nengasaru2kakou.jpg













こざるさんの写真を見ていて、






そう思いました。





(= = )























rengehatake.gifrengehatake.gif










私達に出来ることはなんでしょうか?







(ティーのとこからの提案は)







まずなにか、ひとつ、






ミニポットにでもプランターにでも






自分で種をまいてみませんか?






(虫に食べられちゃうかもしれないけれど・笑)









   10096ichigo.gif  hanakuwa.gif













3月4月にはたくさんの






育てやすい野菜の苗なんかが






あちこちに出回ります。(^ ^ )






まず農薬なしで育てた野菜の味を






ぜひご家族様で、






お確かめくださいませ。






初年度はたいてい、(虫も油断して)






うまく育つはずですよ~笑笑。(6 <)












yasai2















ランキングに参加しています


      ↓          ↓ 



野菜作りランキングへ 環境問題・保護ランキングへ



  いつもポチッ!と元気くださって♪ありがとうございます♪

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2007/03/11 13:34】 | 農薬の害 | コメント(4)
次のページ

いらっしゃいませ(^▽^)

エッセイ・ランキングへ
ごゆっくりどうぞvv
 24時間コメント大歓迎です♪

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

プロフィール

ティー(^ ^)

管理人:ティー(^ ^)
こんにちは。 ちょいちょい消えちゃう 幽霊管理人 ティーで~す。

ブログの画像等の無断転載・直リンクは禁止します 
  =2006.6.11 open=。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。