畑に片足つっこんで!
とにかく、歩いていると(^◇^)なんだか色々、乗り越えられますね~♪
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

もしも/バイクで事故にあったなら/2

 

すぐ、近所の総合病院に彼女を連れて行きました。







「事故診察」なので、保険証は使いません。









まず受付で、その旨を告げ、記入用紙を頂きました。










しかし、受付では










「診察料がもし、事故割合や加入保険の都合で保険会社から支払われない時は、ご本人様に支払っていただくこととなります。よろしいですか?」










ときかれました。










この時点では、まだ保険会社間の話し合いもなかったので、一応了承しました。











その間も、やはり事故にかかわった本人は自分の体調に精一杯のようです。















まず頭。脳波・CTスキャン関係の検査に。









それから、外傷・内傷の問診・治療を。











約一時間ほどかかったでしょうか。












待合でいると、救急車が到着!











バタバタバタ!とピッチャーでどなたかが・・・。やはり事故のようです。














さて、目をつぶって大儀そうな彼女に










相手の「連絡先」のメモを、ちゃんと持っているかと確認しました。










「これ・・」










見ると、カタカナで相手の名前と、電話番号が書いてありました。











「保険会社は聞かなかったの?」











「・・・・ん。・・・・とにかく、痛くて・・・番号覚えるのに精一杯で








警察がきてくれてから後のことは、ボーーーッとしちゃって・・・・」









(彼女はお母さんと二人暮らしをしています)










「じゃ、こっちは何をかいて渡したの?」












「・・・・・・渡してない」








「渡してないの??!」












「んん」














彼女は初めて「事故」にあったんです。





 


「じゃあ、向こうはこっちに連絡してこないじゃない」











「そっか・・・」













一度でも事故にかかわった方ならよくご存知でしょうが











事故を起こすと、ある意味「戦い」になります。











大概は、双方が相手の過失を上げて自分の正当性を強調し合います。











最初に負けたら不利になるという計算と












自分は、「加害者」ではない!











そんな「恐ろしい(立場の)」人間では断じてない!










と必死になります。










「ああ、後3分遅く通っていれば・・・」とか「なんで?!」とか











身をねじり、何とかその現実からすり抜けて、逃げ出すことは出来ないかしらと、必死になります。




テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2006/06/14 22:39】 | 交通安全系 | コメント(0)
<<もしも/バイクで事故にあったなら/3 | ホーム | もしも/バイクで事故にあったなら/1>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

いらっしゃいませ(^▽^)

エッセイ・ランキングへ
ごゆっくりどうぞvv
 24時間コメント大歓迎です♪

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

プロフィール

ティー(^ ^)

管理人:ティー(^ ^)
こんにちは。 ちょいちょい消えちゃう 幽霊管理人 ティーで~す。

ブログの画像等の無断転載・直リンクは禁止します 
  =2006.6.11 open=。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。