畑に片足つっこんで!
とにかく、歩いていると(^◇^)なんだか色々、乗り越えられますね~♪
     

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

家庭菜園用語集

「家庭菜園」に出てくる良く使いそうな用語を書いてあります 
ninjinkyurini4tomatoni1




○ 浅植え(あさうえ)

苗の根が地表から出ない程度に浅く植えつける方法。茎が多少隠れる程度に植えつけるのは深植え(ふかうえ)といい、野菜栽培ではあまり適しません。




○ 育苗箱(いくびょうばこ)

タネをまいてある程度まで苗を育てるための浅い箱。




○ 移植(いしょく)

別の場所に移して植えること。育成した苗を、生長に合わせて、適当な株間にして植え替えること。




○ 一番花(いちばんか)

ある株に最初に咲く花。




○ 畝(うね)

作物を作るために帯状に盛り上げた土。畑の水はけをよくする。「畦(あぜ)」とも書く。畝と畝の間を畝間(うねま)と呼ぶ。



○ 晩生(おくて)

ある野菜の中で、収穫時期の遅い品種。




○ 遅霜(おそじも)

春を迎えてから降りる霜。野菜に大きな被害を与えることもあります。




○ お礼肥(おれいごえ)

数年にわたって収穫できる野菜に、収穫した後に施す肥料。
養分を補給し、翌年にそなえます。






○ 化成肥料(かせいひりょう)

無機肥料を複合化した肥料で、チッ素、リン酸、カリ肥料のぷち2つ以上の要素を含む。化学肥料のひとつ。





○ 株間(かぶま)

株と株との間隔のこと。




○ 株分け(かぶわけ)

地中で分かれて出た茎を、それぞれに芽や根をつけて切り分け、株を増やすこと。




○ 花蕾(からい)

花菜(かさい)と呼ばれる野菜の若いつぼみ。




○ 緩効性肥料(かんこうせいひりょう)

すこしずつ、ゆっくりと効果が現れるタイプの肥料。




○ 間作(かんさく)

野菜を作っている畝と畝の間や、株と株の間で、異なる種類の野菜を育てること。




○ 完熟堆肥(かんじゅくたいひ)

肥料の原材料が充分に発酵して、元の形や匂いがなくなった状態の肥料。




○ 寒冷紗(かんれいしゃ)

荒く織った薄い布。防虫や遮光、保温のために用いる。白色と黒色とを使い分け、温度の調節を行う。




○ 苦土石灰(くどせっかい)

酸化マグネシウムを含み石灰。消石灰とともに酸性土を中和するのにつかう。植物をいためる心配がないのでよく用いられる。




○ 結球(けっきゅう)

キャベツ、白菜、レタスなどが、生長して葉が球形に巻くこと。




○ 嫌光性種子(けんこうせいしゅし)

光が当たる状態では発芽しにくいタネ。ウリ科やダイコンなどがこれにあたります。これらはタネをまいたら、必ず土をかぶせます。




○ 好光性種子(こうこうせいしゅし)

光が当たらないと発芽しにくいタネ。タネをまいたらごく軽く土をかぶせます。




○ 混作(こんさく)

異なる種類の野菜を混ぜて作ること。






○作付け(さくづけ)

野菜の種をまいたり苗を植えつけること。




○ 直播き(じかまき)

育てる場所に直接タネをまくこと。おもに植え替えると根が傷みやすい野菜の場合に行います。




○ 敷き藁(しきわら)

株の周囲にワラを敷くこと。雨により泥はねを防いだり、土の乾燥や温度の上昇を抑える、保温するなどの目的で使用されます。ピーとモスや枯れ草などでも代用できます。


                hatakeno2




○ 地這い性(じばいせい)

茎やつるが、地面を這うように伸びる性質。





○ 霜よけ(しもよけ)

株もとにワラを敷き詰めるなど、霜の被害から野菜を守ること。




○ 雌雄異花(しゆういか)

花が雌花と雄花に分かれていて、ひとつの株のその両方が咲くこと。
雌しべと雄しべのどちらか一方を持つ花。方はいずれか一方が退化し、機能しなくなっている花が別々に咲くこと。ウリ科に多く見られます。




○ 遮光(しゃこう)

日よけをすること。家庭菜園などでは寒冷紗などで覆って気温や字音の上昇を防ぎ、野菜の生育に適切な温度にすること。




○ 子葉(しよう)

発芽後、最初に出る葉。普通の葉の形と違う単純な形をしている。貝割れ場。




○ 条間(じょうかん)

列(すじ)状にまいたタネ、植え付けた苗の列(すじ)と列(すじ)の間。




○ す入り(すいり)

大根やカブなどの野菜の根の部分に、空洞ができて、スカスカになった状態。




○ 生長点(せいちょうてん)

茎や根の先端や、葉物野菜などの株もとの茎が分かれた部分。もっとも細胞分裂が盛んなところ。




○ 生理障害(せいりしょうがい)

根の働きが悪くなり、微量要素が過不足状態になって起こる症状。トマトの尻腐れ果、白菜の芯腐れなどがある。




○ 節間(せっかん)

葉のつけ根とつけ根の間。 




○ 施肥(せひ)

肥料を施す作業。




○ 剪定(せんてい)

株姿や高さなど生育の具合を調節するために、枝や茎を切る作業。




○ 側枝(そくし)

葉のつけ根にわき目から伸びる枝。




○促成(そくせい)

自然の生育期より早い時期に育てる栽培法。




○ 外葉(そとば・がいよう)

新しく伸びてきた葉を内側に包み込む外側の葉。レタスや白菜などに見られます。





 


○ 堆肥(たいひ)

有機物を積み上げて府熟させたもの。稲わら堆肥、牛糞堆肥、生ごみ堆肥、雑草堆肥、バーク堆肥などがあり、土壌改良に使われます。




○ 耐病性(たいびょうせい)

病気に対しての抵抗力。




○ 団粒構造(だんりゅうこうぞう)

細かい土が固まってひとつの粒になり、その粒が土全体を構成している状態。すき間が多いので養分や水分、空気が蓄えやすくなります。




○ 千鳥(ちどり)

苗を何列かに植えるとき、日当たりや風通しをよくするためにに、隣の列と重なりあわないようにジグザグに植えつけること。「千鳥に植える」「千鳥模様に植える」といいます。




○ 中耕(ちゅうこう)

作物の育成途中で表土を浅く耕すこと。雑草を除去し、空気の流通をよくし、根の発育を促進する。追肥(ついひ)を同時に行うことが多い。




○ 長日植物(ちょうじつしょくぶつ)

日の出から日没までの時間が長くないと、開花しない植物。




○ 直根(ちょっこん)

株の真下に向けて長くのブル太い根。




○ 追肥

種をまいた後、または定植のあとに与える肥料で、元日を補う意味を持つ。「おいごえ」ともいう。





○ 接木(つぎき)

台木に穂木をついで苗を作ること。トマトやウリ科の野菜などは、土の中に居る病原菌に強い台木を利用して病気に強い苗が、接木によって作られています。




○ 土寄せ(つちよせ)

作物の根元に、土をかけること。根の露出や株が倒れるのを防ぐ。にんじんなどの根菜では根の保護に欠かせない作業。




○ 定植(ていしょく)

苗を最終的に育てる場所へ植えつけること。




○ 摘芯(てきしん)

作物の頂芽をつみとること。上への生長を止め、脇枝を出すために行うことが多い。




○ 天地返し(てんちがえし)

表土付近の土を、深い位置にある土と入れ替えること。




○ トウ立ち(とうだち)

花茎が株の中心から伸びてくること。アブラナ科の野菜などの花茎を「トウ」と呼び、「トウ」が伸びてくることを「トウが立つ」という。
株の生長の終わりで、作物では食用に適した時期をすぎた場合が多い。




○ 徒長(とちょう)

軟弱な茎や葉がひょろひょろと長く伸びた状態。




○ トンネル

種まきや植え付け後、畝に支柱を立ててトンネル状にビニールフィルムなどをかけたもの。防寒対策として使用します。




  



○ 苗床(なえどこ)

苗をある程度まで育てる場所。育った苗は植え替えて育てます。




○ 中生(なかて)

ある野菜の中で、収穫時期が標準な品種。




○ 軟白(なんぱく)

光や風を遮って育て、食用とする部分を白いままにし、軟らかくすること。「軟化栽培」とも言います。長ネギやカリフラワー、エンダイブなどの栽培に見られます。




○ 根鉢(ねばち)

根がはって土をしっかり保持している部分のこと。





   

○杯軸(はいじく)

子葉の下、根までの部分。




○ 培養土(ばいようど)

野菜を育てるために使う土のこと。肥料分をバランスよく含んでいる。




○ 鉢上げ(はちあげ)

苗床から、苗を鉢に植え替えること。




○ 花芽(はなめ・かが)

花となる芽のこと。花となる芽をつけることを「花芽分化」といい、新芽だけを伸ばして花にならない芽のことを「葉芽(はめ・ようが)」といいます。




○ 表土(ひょうど)

畑や果断の表面付近の土。




○ 肥料切れ(ひりょうぎれ)

肥料不足の状態。




○ 肥料やけ(ひりょうやけ)

濃度の高い肥料が野菜に直接あたることで起こる障害。肥焼け。




○ 覆土(ふくど)

種の上に土をかぶせること、またはかぶせた土。




○ 腐葉土(ふようど)

落ち葉が積み重なって発酵腐熟したもの。土壌改良やマルチングに使用します。




○ 分球(ぶんきゅう)

球根植物の球根が生長して増えること。




○ pH(ぺーはー)

土の酸性度をあらわす単位。0.0を酸性、14.0をアルカリ性の最強度、7.0を中性とします。




○ ベタ掛け(べたがけ)

種まき後、または育成中、畝全体に寒冷紗などを直に掛けること。
防寒や風除け、防虫。防鳥の効果があります。




○ ボカシ肥(ぼかしひ)

有機質肥料と土を微生物によって発酵させた肥料。チッ素分の揮散量が堆肥に比べて少なく、有効成分が少しずつ長時間にわたって効果を表す。緩効性肥料として用いる。




○ ホットキャップ

種まきや植え付け後に数珠ごとにかぶせるドーム型のポリフィルムのテント。




○ ポリマルチ

ポリエチレンフィルムを使うマルチング。




○ 本葉(ほんば)

子葉の次に出てくる、その植物特有の形を持った葉。




  


○ 増し土(ましつち)

生長に応じて土を補うこと。




○ 間引き(まびき)

苗が生長して込み合ってきたら、ところどころ抜き取って、生長に適した株間にする作業。




○ マルチング

株元や畝にわらやフィルムを敷き、畝全体を覆うこと。乾燥を防いだり保温したり、雑草や病気を予防する目的で使用します。




○ 水切れ(みずぎれ)

野菜に水分が不足している状態。




○ 芽かき(めかき)

不要な芽が伸びて大きくならないようにかきとる作業。開花や結実の数の調整をする目的で行います。




○ 元肥(もとひ・もとごえ)

タネまきや定植の前に施す肥料。ゆっくりと効果が現れるタイプの肥料を用いるのが一般的。




  


○誘引(ゆういん)

支柱に茎やつるを計画的に結びつける作業。株が倒れるのを防いだり、形をととのえるために行います。




○ 有機質肥料(ゆうきしつひりょう)

油かす、魚かす、骨粉、鶏ふん、堆肥など、動物や植物が原料の肥料。土質の改善にも効果があります。




○ 有機野菜(ゆうきやさい)

化学肥料や化成合成農薬を使わずにつくられる野菜。




○ 熔リン(ようりん)

リン鉱石を熔融、焼成してつくるリン酸肥料のひとつ。




ラ  


○ ランナー

親株から伸びて土につき、先端に子株をつくって発根する茎。イチゴなどに見られます。




○ 輪作(りんさく)

連作障害を防ぐため、一定の土地に性質の違う作物を順次、計画的に作ること。




○ 連作(さんさく)

毎年同じ土地に、同じ作物を連続して植え付けること。病虫害を受けることが多い。





○ 連作障害(れんさくしょうがい)

連作によって起こる障害。微量要素の欠乏や、土の中にいる微生物のバランスが崩れ、病気などが出やすくなります。




 


○ 露地栽培(ろじさいばい)

戸外で行う栽培。自然の条件でトンネルやビニールハウスを使用しないで行います。




○ わき芽(わきめ)

葉のつけ根などに出る芽。これが伸びた枝が側枝(そくし)。




○ 早生(わせ)

ある野菜の中で、収穫時期が早い野菜。














(また順次、更新していきます)



ダンケシェーン

ポちっと一押しお願いしま~す

tea-.gif

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2006/06/22 10:34】 | 家庭菜園:用語集 | コメント(6)
<<菜園にはいくらお金がかかるのか/畑 | ホーム | 無料で使える「地球丸ごと見てしまえツール」Google Earth>>

コメント

畑作りしてみたいな

いろいろと教えてくださいね。
そして、応援しています。
σ(^o^)?
【2006/06/18 16:31】 URL | あすとろ #-[ 編集]
あすとろさん、いらっしゃいませ♪(^ ^ )

ありがとうございます。

σ(//▽///)今、初めて畑に出会ったころとおんなじ気持ちでこのブログを書いています。

なにもかも手探りで、どんなブログに指定校、どんなことがこのブログ(畑)でできるんだろう?と手探り状態で、それなのにランキングをあげていただいたりして、正直、とてもビビッております・・・(^ー^;)

ですからこんな風にお声をかけていただけると、とってもとってもうれしいです。

>「黄色いさくらんぼ」もやがてはピンクに。私もがんばります♪コメントありがとうございました。

【2006/06/18 19:35】 URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
それにしても
ここに来るといろいろ調べられますね。

なかなか分からないんですよね。
ありがとう。\(^0^)
【2006/06/19 06:52】 URL | あすとろ #-[ 編集]
はじめまして。ランキングからあそびにきました。taguといいます。よろしくね♪
一位おめでとうございます♪
とても役立つ用語集ですね。
早速リンクさせていただきました。
こちらへも遊びに来てくださいね♪
【2006/06/19 09:11】 URL | tagu #-[ 編集]
あすとろさん、いらっしゃいませ。

あすとろさん早起き~!おはようございます。
(^ ^)ありがとうございます。けさ、コメントを拝見してすぐ、目がシャッキーん!
(///▽//)『今日中に全部書き上げよう!』と元気もりもり。人間て、ゲンキンですね~笑笑笑。
こんなことならもっと子供を「ほめて」育てればよかった・・・・・(遅いって)
私もこの頃は、朝テレビをつけるより先にパソコンをつけています。(子供が遠路通学なので5時には起きます)お知り合いができると、ますますパソって面白いですね~♪

これからもよろしくお願い申し上げます。
【2006/06/19 15:08】 URL | ティー #6facQlv.[ 編集]
taguさん、こんにちは~(//▽///)いらっしゃいませ♪

今朝、こちらでtaguさんのコメントを拝見してびっくりしました。
『え?!』
それでランキング見に行きました。(^ ^;)

ありがとうございます。
身にすぎたことなので、ただただ恐縮しております。
なにかの(ありがたい)弾みだとは思いますが、日記とか子供のときから毎年3日坊主の私ですが、『今度は気を入れて続けていこう!』と思いました。
これからもよろしくお願い申し上げます。
【2006/06/19 15:31】 URL | ティー #6facQlv.[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

いらっしゃいませ(^▽^)

エッセイ・ランキングへ
ごゆっくりどうぞvv
 24時間コメント大歓迎です♪

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

プロフィール

ティー(^ ^)

管理人:ティー(^ ^)
こんにちは。 ちょいちょい消えちゃう 幽霊管理人 ティーで~す。

ブログの画像等の無断転載・直リンクは禁止します 
  =2006.6.11 open=。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。