FC2ブログ
畑に片足つっこんで!
とにかく、歩いていると(^◇^)なんだか色々、乗り越えられますね~♪
     

☆野菜カレー♪

長雨もちょっと一息。


夏休みに入ったうちのご飯は


カレーライス。


娘のリクエストで、野菜だけの


→シンプルカレーになりました 
 








(;^ ^)ううぅ・・・・私は「お肉」大好きなんだけど・・・
野菜作りへ→ありがとうございます♪

  いつもポチッ!と元気くださって♪ありがとうございます♪ 

四国ランキングへ→(^ ^)♪
さて、娘の宿題、「家族に朝ごはんご飯を作ってレポートにまとめる」は、いつ実行してくれるんでしょうね~・・・。

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2006/07/23 00:08】 | 野菜の栄養価 | コメント(2)

【プロフィール:ダイコン】

【プロフィール:ダイコン】


          daikon1




だいこんの原産地については、さまざまな説がありますが、

だいこん栽培の歴史はエジプトが最古であることから、

その原産地は地中海沿岸地方だといわれています。





エジプトでの栽培の起源はすこぶる古く、

紀元前2200年に栽培されていたことが知られています。





また、あるピラミッドの碑文に、このピラミッドを建設する人たちが、

たまねぎ、にんにくとともにだいこんを食べていたことも

記されています。







日本へは稲作文化とともに中国から伝わり、

有史以前から栽培が行われていたそうです。










だいこんの根の部分には、

消化吸収を促進してくれるアメラーゼ(デンプン分解酵素)や

ビタミンCが多く含まれています。






特に皮には中心部より2倍ものビタミンCが含まれています。






また、捨ててしまいがちな葉の部分には、

根の5倍近いビタミンCや根にはみられないビタミンA(カロチン)、

その他多くの成分を含んでいます。






辛み成分であるイソチオシアナートは、血をサラサラにし

血栓を予防したり、白血球を活性化させ殺菌作用の効果があります。






消費量の多いだいこんは、他にもいろいろな栄養や効用があり、

まさに野菜の王様といえます。



ダンケシェーン

ポちっと一押しお願いしま~す


テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2006/06/23 12:34】 | 野菜の栄養価 | コメント(2)

プロフィール・タマネギ

tamanegi



【タマネギ:ユリ科】






ミニポイント:病虫害が少ない
      :連作ができる
      :貯蔵がきく


 




◎応用範囲の広い万能野菜


和。洋・中華と、さまざまな料理に使われ世界中で食べられているタマネギは、ユリ科の越年性草木で、中央アジアが原産地です。

紀元前から食用とされていましたが、日本で一般的に食されるようになったのは明治以降です。


血液浄化作用


品種は早生、中生、晩生に分けられ、早生に白タマネギ、中生に黄タマネギ、生食用として赤タマネギなどがあります。

タマネギは血液を浄化する働きがあり、生食は生食は鎮静効果もあります。



テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

【2006/06/17 20:55】 | 野菜の栄養価 | コメント(0)
前のページ 次のページ

いらっしゃいませ(^▽^)

エッセイ・ランキングへ
ごゆっくりどうぞvv
 24時間コメント大歓迎です♪

最近のコメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

プロフィール

ティー(^ ^)

管理人:ティー(^ ^)
こんにちは。 ちょいちょい消えちゃう 幽霊管理人 ティーで~す。

ブログの画像等の無断転載・直リンクは禁止します 
  =2006.6.11 open=。

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ検索